​新刊!

聖地会議24

麻野一哉(ゲームクリエイター)

テクテクテクテク

位置情報ゲームにおける安心と楽しさ

 位置情報ゲームの大本命がきました。

 スマホアプリ『テクテクテクテク』です。

 聖地会議24は『テクテクテクテク』を開発したゲームクリエイター麻野一哉さんとの対談です。

『テクテクテクテク』は街を歩いて画面上の日本地図をタップすると、自分が触れている街区がファンタジー色に塗られます。ゲームのフィールドは日本人に馴染みの深い住所を利用しています。街区を塗り、字を100%にするとボーナスが発生。そして、字を塗り、区市町村を100%にするとさらに大きなボーナスが発生します。

 対談中、麻野さんは何度も「歩きスマホ」について言及しました。

 位置情報ゲームの代名詞ともいえる『ポケモンGO』はヒットの代償として、「歩きスマホ」や運転中の「ながらスマホ」を助長させるものとして新聞やテレビで槍玉にあげられました。結果、『ポケモンGO』は移動速度を制限するシステムを追加することで対処しました。

 後発となった『テクテクテクテク』はどのように「歩きスマホ」「ながらスマホ」に対応したのでしょうか。麻野さんたちゲームクリエイターの挑戦と工夫がそこにはありました。

 位置情報ゲームは、聖地巡礼・コンテンツツーリズムの重要なジャンルです。今回はその最新事情をお届けします。

 

 

 

柿崎俊道 聖地巡礼プロデューサー

・『テクテクテクテク』の原点は、緑の蛍光ペンで地図を塗りつぶしていた

・「となりぬり」がユーザーの敷居を下げる

・「予約ぬり」によって歩きスマホを防ぐ

・しょうもないギャグ満載の愛すべきモンスターたち

・世界観がないからこその、自由

・『テクテクテクテク』の信号

発行日:2019年2月28日

© 2019 Seichi_Kaigi

  • w-facebook
  • White Twitter Icon